You’re welcomeだけじゃない!どういたしましての英語表現10選

皆さんは英語で”Thank you”(ありがとう)と言われたとき、なんて返していますか?

いつも”You’re welcome”でしか答えられない!

“You’re welcome”以外のネイティブっぽい返し方が知りたい!

と思っている方は多いかと思います。

今回は、英語ネイティブの会話でよく使われている「どういたしまして」の色々な言い方をご紹介します。

今回ご紹介する表現は、実際に私も友達や同僚と英語で話す際に使っている(そして周りもよく使っている)ものになります。

カジュアルな返しばかりなので、外国人の友達等との英会話やチャットで使ってみてくださいね!

目次

「どういたしまして」の英語表現

まず、「どういたしまして」の英語表現で最初に思いつくのが “You’re welcome”(ユァウェルカム)だと思います。

もちろんこれも頻繁に使いますが、英語ではもっと色々な言い方で「どういたしまして」を伝えることができます。

それでは、一つ一つ紹介していきます!

表現①Sure

【英語】Sure

【意味】もちろんだよ

Sureには形容詞の意味で「確信して」などの意味がありますが、この場合のSureは副詞で「もちろんです」という意味。

かなりカジュアルな表現になります。

何かを頼まれたときにも、”Sure!”と答えることが多いです。

A:Hey, can you send me the pictures we took last night? (ねえ、昨日の夜取った写真送ってくれない?)

B: Oh yeah, sure! (あ、うんもちろん!)

表現②You got it

【英語】You got it

【意味】うん

海外のドラマなどでもよく使われているのを見る表現です。

A:Thank you , you helped me a lot.(ほんと助かった、ありがとう。)

B: You got it!(うん!=どういたしまして)

こちらもかなりカジュアルな表現です。

“I got it” (分かった)というのは別の表現なので、混同しないように注意しましょう。

表現③Of course

【英語】Of course

【意味】もちろん

“Of course”は、ありがとうと言われたときの返しとしてもよく使います。

A: Thank you for coming all this way to visit me!(今日は遠いのに会いにきてくれてありがとね。)

B: Of course! Thank you for inviting me as well!(もちろんだよ!むしろ招待してくれてありがとう!)

表現④Don’t mention it

【英語】Don’t mention it

【意味】お礼を言われるまでもないよ=どういたしまして

“mention”は「ほのめかす」、「何かについて言及する」という意味があります。

Don’t mention it”を直訳すると、「言わなくていいよ。」

つまり、お礼を言われるまでもないよ、たいしたことしてないしいいよ、といったニュアンスになります。

表現⑤Anytime

【英語】Anytime

【意味】いつでも言ってよ

Anytime“とは、直訳すると「いつでも」、「どんなときでも」という意味です。

これを言うことで、「いつでも頼ってよ」という気持ちを伝えることができます。

海外のホテルのフロントでもよく聞く英語表現です。

表現⑥Uh huh

【英語】Uh huh

【意味】うん

“Uh huh”はただの相槌ですが、Thank youと言われたときの返しとしても使います。

かなりカジュアルな表現なので、親しい友人や同僚に対して使われるのが一般的です。

A: Can you close the window? Thanks!(窓しめてくれる?ありがと!)

B: Uh huh.(うん。)

表現⑦My pleasure

【英語】My pleasure

【意味】どういたしまして

My pleasure“は直訳すると「私の喜び」です。

つまり、その行為はあなたが好きでしたことだからなんでもないよ、というニュアンスになります。

映画でも使われているのをよく耳にする表現です。

少しかしこまった印象があるので、私は仲の良い友達にはあまり使わないです。

You’re welcomeの代わりにさらっと”My pleasure”が出てくると、英語上級者っぽいですよね!

表現⑧Not at all

【英語】Not at all

【意味】どういたしまして

“Not at all”は、学校で「少しも~ない」という意味で習ったことがありますよね。

他にも幅広い意味をもつ熟語で、その一つが「どういたしまして」です。

あまりなじみがないかもしれませんが、ネイティブの友人と話すときによく使っているのを見ます。

A: Oh you bought for me too? Thank you!(え、私の分も買ってきてくれたの?ありがとう!)

B: Not at all!(どういたしまして!)

表現⑨Not a problem

【英語】Not a problem

【意味】問題ないよ

Not a problem“もよく使う言葉です。

意味通り、「問題じゃないよ=どういたしまして」になります。

It’s not a problem“や “Not a problem at all“と言ったりもします。

At allを付けることで、「全く問題ないよ」ということを強調することができます。

表現⑩It was nothing

【英語】It was nothing

【意味】なんでもないよ

It was nothing“を直訳すると、「それはなんでもなかった」です。

つまり、自分がしたことはなんでもない、大したことではないというニュアンス。

日常会話でよく使う英語表現の一つです。

最後に

いかがでしたか?

今回は「どういたしまして」のネイティブがよく使う表現を10個に厳選してみました。

私も実際によく使っている英語表現です。

何かお礼を言われた際に、さらっと返せるとかっこいいですよね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

某米系外資IT企業勤務の20代OL。副業でフリーランス日本語教師もしています。
自身の経験を元に、転職、キャリア、英語学習、日本語教師についての情報をブログで発信中。

目次
閉じる