目指せネイティブっぽい英語!英会話の自然な切り出し表現6選

ネイティブが使う自然な会話の切り出し英語表現

こんにちは、外資OLのみいこです。

突然ですが、皆さんは英会話の中で自然な英語表現を使えていますか?

そう言われると、自分の英語にあまり自信が持てない・・・という方は多いと思います。

実際、ほとんどの人がネイティブの人があまり使わないような表現を使ってしまっているのが日本人の英会話の現状。

私も数年前までそうでした。

学校で習った表現を使っているから大丈夫!と思っている方も要注意。

実は、学校で勉強した表現は意外とマイナーだったり不自然だったりするんです。

そんな人が多い中で、ネイティブっぽい自然な英語を使えるようになったらかっこいいとは思いませんか?

本記事では、ネイティブが実際によく使う会話の切り出し表現にフォーカスして、実践的な英会話フレーズをご紹介できればと思います。

記事を読むことで・・・

  • 会話の切り出しに使える実践的な英会話表現を知れる
  • マネするだけで英会話レベルが上がる
  • 自分の英語に自信が持てるようになる

【記事の信頼性】本記事を書いている私は、大学生時代に英語資格(TOEIC LR920点、SW380点、英検1級)を取得し、留学経験無しでビジネスレベルの英会話力を身に着けました。この経験を元に、私が実践してきた英語学習のノウハウをシェアしていきます。

目指せネイティブっぽい英語!英会話の自然な切り出し表現6選

目次

ネイティブがよく使う!英会話の自然な切り出し英語表現

ネイティブに近づく自然な会話の切り出し英語表現①Guess what!

【英語】Guess what!/【意味】聞いて!

Guess whatは頻繁に英会話で使われる英語表現です。

直訳は「なんだと思う?」なので、何か新しいニュースや聞いてほしいことがある際に使います。

これを言われた方はwhat?と聞き返すのが一般的です。

例文①

A: Guess what!”(聞いてよ!)

B: I have no idea—do you have news?(何?なにかニュースでもあった?)

例文②

 Guess what, Max’s getting married next month!(聞いて!Maxが来月結婚するの!)

ネイティブに近づく自然な会話の切り出し英語表現②Look!

【英語】Look/【意味】聞いてよ

Lookもよくネイティブとの会話で登場する会話の切り出し表現です。

直訳だと「見て」となりますが、何か見てほしい物がなくても単純に「こんな話題あるから聞いて」というニュアンスで使えます。

Look, this is a problem. (ちょっと、これは一大事だよ。)

少し真剣な話をしたいときに使うことが多いです。

ネイティブに近づく自然な会話の切り出し英語表現③Listen

【英語】Listen/【意味】聞いてよ

ListenはLookと同様のシチュエーションで使うことができます。

言うことを聞かない相手を冷静に説得したいときに使うことが多いです。

Listen! If you do that, your boss is going to fire you for sure. Don’t do that.「聞けよ!そんなことしたら間違いなく上司にクビにされるぞ。やめとけよ。」

ネイティブに近づく自然な会話の切り出し英語表現④You know what?

【英語】You know what?/【意味】ねえ聞いて!

You know whatは直訳すると「何か知ってる?」というニュアンス。

相手がまだ知らないトピックについて話すときによく使われます。

個人的に会話の中でよく使う表現ナンバーワンです(笑)

A: You know what! I passed the exam!(ねえ聞いてよ!試験合格してた!)

B: You did it!(やったね!)

ネイティブに近づく自然な会話の切り出し英語表現⑤Speaking of~

【英語】Speaking of~【意味】~といえば

何か会話の中で話したいことを思い出した時や、話題を変えたいときに使う英語表現です。

A: I told my girlfriend that I couldn’t stand her anymore.(彼女に、もう耐えらないって伝えたんだ)

B: I feel you… oh speaking of her, I saw her at the bar with a guy.(気持ちわかるよ…あ、彼女と言えばさ、この前バーで男といるの見たんだよね)

ネイティブに近づく自然な会話の切り出し英語表現⑥By the way

【英語】By the way【意味】ところで

これは聞き馴染みのある方も多いですよね。

実際の英会話でも頻繁に使われる英語表現です。

会話の途中で別の話題を持ち出す際に使います。

例①

By the way, how is John?(ところで、ジョンの具合はどう?)

例②

Oh by the way, could you please make the dinner for all of us today?(あ、そうだ。今日僕たちの夕食を用意してくれるかな?)

ネイティブがよく使う!英会話の自然な切り出し表現【まとめ】

いかがでしたか?

今回は会話を切り出す際に便利な表現を6つに絞ってまとめてみました。

自然な会話の切り出し英語表現
  1. Guess what!
  2. Look!
  3. Listen
  4. You know what?
  5. Speaking of~
  6. By the way…

会話の始まりにクッション言葉として使うだけで、一気にネイティブに近づくことができるので、是非試してみてくださいね!

ネイティブが使う自然な会話の切り出し英語表現

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

某米系外資IT企業勤務の20代OL。副業でフリーランス日本語教師もしています。
自身の経験を元に、転職、キャリア、英語学習、日本語教師についての情報をブログで発信中。

目次
閉じる