【ビジネスシーンで使える!】不満を言うときの英語フレーズ5選

ビジネスシーンで使える不満を言うときの英語言い方まとめ

こんにちは!某外資系企業に勤めるOL、みいこです。

英語で文句や不満を言いたい!でも失礼になりすぎないような、ビジネスシーンでも使える言い方を知りたい…

という方は多いですよね。

本記事では、友達との日常会話はもちろん、仕事でも使えるような相手に自分の不満を伝えらる丁寧な英語フレーズを5つご紹介します。

やんわりと自分が嫌な気持ちになったことを伝えるときに役立つはずです。

【ビジネスシーンで使える!】不満を言うときの英語フレーズ5選

目次

不満を言うときの英語フレーズ①I’m not happy about this.

I’m not happy about this.

I’m not happy about this.は直訳すると「私はそれについて嬉しくない」

つまりその出来事のせいで嫌な気持ちになったときや、何かに対して納得がいかないときに使える英語フレーズです。

I don’t like it.というよりも大人で丁寧な英語表現になります。

例)Well… I’m not happy about her attitude, to be honest.「いやあ…正直言うと彼女の態度には納得いかないよ」

不満を言うときの英語フレーズ②I’m sorry, but this is unacceptable.

I’m sorry, but this is unacceptable.

unacceptableは形容詞で「受け入れられない」という意味です。

つまり、this is unacceptableは何か自分が受け入れがたい出来事が起こった際に使うことができます。

最初にクッション言葉としてI’m sorryを入れるだけで、比較的丁寧に不満を伝えることができます。

例)A: I suggest that we can work together to promote business.「是非御社と提携したいと思っておりますがいかがでしょう」

B: I’m sorry, but the contract is unacceptable.「申し訳ありませんが、そちらの契約内容ではお受けいたしかねます」

不満を言うときの英語フレーズ③I’m not very satisfied with…

I’m not very satisfied with…

satisfied with~で「~に対して満足する」という意味になります。

つまり、I’m not very satisfied with…は何か商品やサービス、状況に対して不満があるときに使うことが可能です。

例)(口コミサイトで)I’m not very satisfied with the quality of a service provided. I think I will never use this hotel.「提供されたサービスの質に不満があります。もうこのホテルには泊まりません」

不満を言うときの英語フレーズ④Sorry to bother you but…

Sorry to bother you but…

botherは動詞で「邪魔をする」という意味です。

不満を言う前にこのフレーズを挟むことで、相手を気遣った柔らかい印象の言い方になります。

例)Sorry to bother you but can you check an email I sent you this morning? 「取り込み中悪いんだけど、今朝送ったメール確認してくれた?」

不満を言うときの英語フレーズ⑤Wouldn’t it be a good idea to / not to…

Wouldn’t it be a good idea to / not to…

私が個人的によく使う、否定疑問文を使った表現です。

「~したら/しないほうが良いかなと思うんだけどどう思う?」といったニュアンスです。

相手に自分のアイディア等をやんわりと提案する際や、再考してほしいときに、この英語フレーズが役立ちます。

「私はこう思うんだけどあなたは?」といったようなストレートな聞き方を避けたい場合に使うと良いでしょう。

また、同じ意味の別の言い方として、Wouldn’t it be better to/ not to…も使えます。

例)Wouldn’t it be a good idea to implement a new system? 「新しいシステムを取り入れたらどうかな?」

不満を言うときの英語フレーズ【まとめ】

いかがでしたか?

今回は実際に私がネイティブと話す際によく使っている英語フレーズを5つに絞ってご紹介しました。

不満を言うときの英語フレーズまとめ
  • I’m not happy about this.
  • I’m sorry, but this is unacceptable.
  • I’m not very satisfied with…
  • Sorry to bother you but…
  • Wouldn’t it be a good idea to / not to…

不満を相手に上手に伝えることで、円滑な人間関係を構築することができますよね。

どれも丁寧な表現なので、日常会話でもビジネスシーンでもどちらでも使えます。

是非参考にしてみてくださいね(^▽^)/

ビジネスシーンで使える不満を言うときの英語言い方まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

某米系外資IT企業勤務の20代OL。副業でフリーランス日本語教師もしています。
自身の経験を元に、転職、キャリア、英語学習、日本語教師についての情報をブログで発信中。

目次
閉じる